伝統工芸 軽井沢彫 菊花詰め模様 センターテーブル

¥99,000

長野県伝統工芸品、軽井沢彫 センターテーブルです。

  • 商品ID : 31567
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

長野県伝統工芸品、軽井沢彫 センターテーブルです。

軽井沢彫刻

長野県北佐久郡軽井沢町の木工作品。明治19年、英国人宣教師アレキサンダー・クロフトショー氏を初めとして多くの外国人宣教師・外交官が軽井沢を避暑地として別荘を建てました。その頃、最も華麗な木彫細工の1つを作っていた日光の木彫り職人たちが軽井沢に呼ばれ、製作した家具が現在の軽井沢彫の原型になります。桜の繊細な絵柄が多く、模様の周りに細かな点を打って立体的に表現する「星打ち」も特徴的。その技法は軽井沢彫りとして長野県伝統工芸品の指定を受け代々引き継がれています。

一流の彫り師による彫刻が大変美しい軽井沢彫家具。ダイナミックに彫られた存在感ある彫刻が、美術品のように美しく見応えがあります。深みのあるしっとりと落ち着いた趣のあるデザインで、洋の感性にも和の精神にも不思議と調和し穏やかな美しさのある室内を演出します。

サイズ(単位mm)

  • 幅 910 奥行き 510 高さ 440

*若干の誤差は御了承下さい。

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

こちらの商品もよく見られています